ゼロファクターを途中でやめるとどうなるの!?

ゼロファクターは、硬い髭を柔らかくする成分が配合されているので、使用すると髭剃り後がツルツルになると評判です。
髭の剃り残しや青い髭跡が使うたびに薄くなってくる効果を期待することができ、髭を剃りながら抑毛効果が得られるようになっています。
髭やむだ毛の発生を抑えるローションで、毛乳頭に発毛命令を出す還元酵素の5αリダクターゼを抑制する成分が配合されています。

 

5aリダクターゼはAGAの原因の1つと言われていて、過剰に分泌されると頭皮が薄くなるのですが、髭は逆に濃くなってしまいます。
男性ホルモンのテストステロンと結合すると、強力な男性ホルモンのDHTが発生するので、髭が濃くなるのです。
ゼロファクターには、5αリダクターゼの分泌を抑える成分が配合されているので、DHTの発生を防ぎ、髭を薄くすることが可能です。
長期間使い続けると髭が薄くなる効果が得られ、中には髭を剃る必要がまったく無くなった人もいます。

 

ゼロファクターを使用する場合、注意しないといけないのは、継続して使用し続ける必要があるところです。
思うように効果を感じなかった人の多くは、使用期間が短いという共通点があります。
数日程度の短い期間では効果を感じることはできず、継続をやめてしまう人が多いのですが、3ヶ月くらい継続すると多くの人が効果を実感しています。
あくまで5αリダクターゼの分泌を抑制するのが目的のローションなので、体内の細胞に影響を与えるには少なくとも3ヶ月間の使用継続が必要です。

 

気になるのは、ゼロファクターを途中でやめたらどうなるかですが、やめると抑毛効果は減少します。
理由は、体質そのものを直接改善するものではないからです。
ゼロファクターは、有用成分を肌に浸透させることで5αリダクターゼの分泌を抑制する仕組みなので、使用をやめると効果は得られにくいです。
体質によっては長期間の使用で毛質が変化することもありますが、ホルモンバランスを整えて抑毛させるメカニズムなので過度な期待はできません。
途中でやめても効果は持続する人もいますが、多くの場合、休止すると効果は減少するかもしくは消失するケースが多いです。