ゼロファクター5aSPローションとシェイブジェルの違いって何!?

メンズ専用のケア商品として販売されているゼロファクターは、使用するだけで男性の気になるヒゲの濃さを薄くできるとして口コミでも話題となっています。広告も多く出ているためネット上でも度々見かけることのあるゼロファクターですが、販売されている商品にはローションとシェイブジェルの2種類があるため、どちらを購入すれば良いのか迷ってしまう人も多いようです。人によっては性質こそ違いはあれど、どちらも同じだろうと考える人もいますが、実は配合されている成分から使用方法など全てが異なるため、購入時には内容を理解しておくべきです。まずゼロファクター5aSPローションに配合されている成分ですが、スペアミント油やザクロ、パシャンベエキスといった11種類が含まれています。対するシェイブジェルにはダイズやカミツレ、オウゴンエキスなど9種類が配合されており、両者は同じ成分が含まれているものもあるのですが、ほとんどは男性ホルモンを抑制する働きのあるものが含まれているのが特徴です。ヒゲの濃さは男性ホルモンに影響されるので、これを抑制することで薄くしようというのがゼロファクターの狙いとなっています。使用方法はゼロファクター5aSPローションの場合はヒゲ剃り後に塗る抑毛ローションとなっており、加えて肌の保湿や対炎症効果なども期待できるようになっています。ゼロファクター商品の一番人気となっており、多くの人が利用しているので、購入に迷ったらゼロファクター5aSPローションを選ぶと良いかもしれません。対するシェイブジェルは、ヒゲ剃りの際のシェービング剤の代わりに使用するものとなっています。カミソリだけでなく電気シェーバーにも対応しており、シェービング剤としてだけでなく、抑毛効果もあるのでヒゲ剃りついでに薄いヒゲを目指すことができます。使用するタイミングが異なるので、ヒゲ対策として両方をセットで購入するのがもっともおすすめされる方法です。